甘いものを最も食べたくなるのだよ

またです。甘いものをやむを得ず食べたくなるの。それもたった、普段の「何か甘いものを食べたいな」とかじゃなくて「どうも食べたいの!」って魂の絶叫状況。
大抵、これって月の物の2週周辺前に沸き起こる期待なんだよね。女ホルモンが関係しているらしいけど、どうしたもんだろう。

現在、肝要でミスをしたり、友達の愚痴にますます付き合ったりで、私、元気が塞ぐことが多かったな。気の力不足かもしれないけど、甘いものをすごく
食べたくなる衝動が特に強い期間って、その前に精神的に落ち込んだり、悩んだりすることが多かったような気がする。そういうことも関わりあるのかな。

冷静に分析をしてみつつ、冷蔵庫を開けて羊羹のひとつを確認している自分。カロリーを考えると、採り入れるのをためらっちゃう。生理前ってウエイトも広がるし。スカートが
きつくなるのお断りし。けれども苛苛行なうんだよ。甘いものを食べたい、口に入れたい!

通常、羊羹を1/3本も食べてしまった。ふと自己拒否。自分って根性が情けないの?それでも脳とかホルモン時分が「どうもありがとう!」って言ってる感じの魅力。
普段は羊羹をこれ程摂る時なんてできないのに、喜びとともに楽々と食べちゃった。

ここまで書いて、ついつい思ったんだけど、これって「要求」じゃなくて「いたわって」ほしい私の身体の証明なんじゃないかな。そりゃ普段から思いのままに食べていたら
スゴイけど、生理前の一定期間だけです賜物。自分が自分をいたわらるタームなんじゃないかな。ですから無理に掴むことって、逆効果かも。

ともかく、甘いものをたべたくなったら、こちらを甘やかして食べよう。も太ったり自己拒否はお断りから、そこは折衷をつけようという。ちょっとだけ
甘いものの量を燃やすために工夫してみよう。人工お菓子費用を入れた紅茶を一緒に飲んでみようかな。ドリンクで、おなか一杯になる賜物ね。しかも甘いし。

こうやって工夫する自分って、意外と真面目なんだよね。ですからコミュニティーフィールドも疲れちゃう。ひときわ気楽に、楽しい時間を年中作ろう。こちらをいたわるためにね。
年中笑って、幸せなタイミングを見つけよう。それから私の健康から「有難う」ってサウンドが聞こえるかも。今日も賑やかです。幸せだ!サプリなんか目じゃない。シミに効く薬があるのをご存知ですか?