毎月の生活費を6万円でやりくりするコツ

これまで、生活費をいかほど用いるのか敢然と把握していなかった身…。月々ではないけど、急性支払が叶うという…たとえば、結婚式の出席(3万)、車検(12万)、急性ボディー退廃(1万)とか個々。スケジュール外のことが起きると、事象生活費は月末になるとカッツカツになってしまうことも度々ありました。

そんな時の私の対策は、ただただストックに手を出す手。これって危ないよね、と思いながらも何ともキャッシュバックグラウンドの現実にまぶたを背けたくなって、ストックに手を出すのです。そんなあんなを繰り返してたら、ストックがほとんど消えてしまって要ることに気がつきました。もとは数百万あったのに、だ。

しかも、ママですものの、こういうキャッシュグレード退廃はとても旦那に話せるものでもありません。なので、初めてやってみました!『暮らし簿』!!必死に、2ヶ月時暮らし簿をつけてみました。一ヶ月では、正確な身の回り費用が把握できなかったので、受け取りをためこんで1ウィークたびまとめて暮らし簿に記入してみました。

そうしてデータ、10万ほどのお金が生活費として飛んでいってあることが認証!!しかも、書き出してみるとどうにも無駄なものが多かったです。余計なものを買ってしまっていることが要因でした。絶対に必要なものではないものに、結構お金をかけてしまっていたのです。

こういう現実に気づいた身は、毎日の支払を2000円に収めることを誓いました。こういう2000円は、食費や人付き合い費、着物代などです。私の性格上、お金を使わないは無理な規定だ。だって、キャッシュ扱うのが息抜きの1つだったりするのです。ここで、上限金額を決めておくのが身流だ。

はからずも買ってしまいたくなるので、ポッケの中には2000円だけ入れておきます。ただし、急に必要になることもあるので1万円を貴重品ポーチの中に忍ばせてあります。それでもこれは、ないものとして生活することが重要です。いざというチャンス以外は、そのキャッシュを当てにしてはいけません。

これを続けた結果、先月の生活費は65000円で収めることができました。これまで、生活費にあてていた10万円のうち25000円は、ストックに返すことに的中!こういうストックは、来季の春に行く沖縄お出かけに充てたいと考えています。簡単な節電法ですが、適正だったのでみなさんに紹介したいと思いました!お試しあれ!小麦色に焼いてしまった肌を白くする方法は?どんなケアが有効なの?